古い我が家も新しく!戸建てリノベーションを始める前に知っておくべき基礎知識まとめ

戸建てリノベーションをすることによって、古くなった住宅でも快適に住めるようになります。
始める前に知っておきたい知識としては、どのようなリノベーションをするのか明確にしておくということが挙げられます。
水回りや間取りなど、優先順位を決めて希望を整理しておくことで、快適な住まいにつながります。
施工後のアフターサービスも重要です。
どのような保証が何年ついているか、などを必ずチェックした上で会社を決めていきます。

古い我が家も新しく!戸建てリノベーションを始める前に知っておくべき基礎知識まとめ

古くなった我が家をより住みやすくしたいという場合に行われるのが、戸建てリノベーションです。
ここでは、戸建てリノベーションを行う前に知っておきたい知識を紹介しています。
具体的にどのようなリノベーションをしたいのかを明確にします。
水回りを充実させたい、間取りを変えたいなど優先順位をつけて希望を整理しておきます。
リノベーション後のアフターサービスも重要です。
どのような保証が何年ついているか、などをチェックした上で依頼する会社を決めていきます。

戸建てリノベーションと増築・改築・リフォームの違い

戸建リノベーションとは、床面積はそのままの状態で、今までの居室とまったく違う空間をつくることです。
たとえば、6畳間の2部屋を12畳間の1部屋にしたり、壁付けにしてあったキッチンをまったく違う位置に新設したりするような工事は戸建てリノベーションになります。
床の面積を広くして部屋数を増やすのが増築、反対に床の面積を狭くしたり天井を高くするために屋根の形状を作り替えたりするのが改築です。
リフォームは、老朽化した床やクロス(壁紙)などを新しくする工事になります。
お風呂やトイレ・キッチンを今までと同じ位置に取替え(新設)する場合はリフォームです。
今までと違う位置に取替え(新設)する場合は、壁や床・配管なども工事する必要があるため、今までとはまるで違う空間をつくる戸建てリノベーションになります。
つまり、「本当に同じ家なのだろうか」と思える工事が戸建てリノベーションというわけです。
戸建てリノベーションと増築・改築・リフォームの違いは、間違えやすいためため注意しましょう。

現在の住まいで戸建てリノベーションを選択するケース

イノベーションと呼ばれるものがありますがその中で戸建てリノベーションは人気があるものの1つになります。
戸建てリノベーションの特徴の1つは、なんといってもその住宅の広さを十分に生かし間取りを全く新しくすることかもしれません。
では戸建てリノベーションする場合どのようなケースが考えられるでしょうか。
これに関しては諸説ありますが、1つは建物が古くなった場合です。
ほぼこれに集約されるといってもいい位ですが、中には築5年目位でリノベーションをするパタンもあります。
戸建てが古くなった場合には、建物をもう一度建築する方法もありますが、予算の関係でできないケースがほとんどです。
そして何より新しい住宅を建築するには、時間もかかるためリノベーションで済ましてしまうと言うわけです。
一方、築5年位で新しくするパターンはその住宅自体に魅力を感じなかった場合が考えられます。
特に初めて建築する注文住宅等送りに該当するかもしれません。

戸建てリノベーションに必要な相場

戸建てリノベーションは総じて高額なイメージですが、相場に目を向けて確認することが大事ではないでしょうか。
当然ながら工事の内容や範囲によって価格は変化するので、目的に合わせて戸建てリノベーションの相場を把握することが必要です。
建物をまるごと工事して作り変える場合は、最低でも400万円は必要で、ケースによっては1千万円以上2千万円は覚悟することになります。
坪単価でいうと50万円前後といったところですが、これも工事内容でかなり変わってきます。
例えば水まわりのキッチンやトイレ、洗面所にお風呂もまとめて部分的に戸建てリノベーションするとなると、200万円くらい掛かります。
つまり、まるごとと部分的ではだいぶ費用が違ってきますし、予算が限られていても戸建てリノベーションができる可能性があることが分かるはずです。
実際には解体に要する工事の規模や難易度だったり、資材のグレードでも変わってくるので、目安はあくまでも目安として予算に収まるように工夫するのが良いのではないでしょうか。

戸建てリノベーションを始める前に注意事項を確認

リフォームとは違いリノベーションは既存の家を大規模改築するのが特徴的で、住みやすく住宅性能の向上を図り家の価値を高めることが出来る点が最大のメリットです。
戸建てリノベーションは躯体だけを残して、天井や間仕切り部分や床をすべて解体してから耐震補強を行い間取りや設備などを一新していきます。
戸建てリノベーションを始める前に注意事項をよく確認しておき、後悔しないリノベーションを行うことが大切です。
まず注意するべきは施工開始から実際に住める状態になるまで、時間がかなりかかる場合が多いことです。
躯体を残して解体を行いそこから施工工事が始まるので、早く住み替えたいという人は注意が必要です。
戸建リノベーションは土地も合わせた購入が一般的で資産価値が高いというメリットもありますが、購入価格が高額となるケースも多く予算についてよく検討しておく必要があります。
購入を検討しているハウスメーカーとよく相談しながら、購入は慎重に進めることをおすすめします。

戸建てリノベーションに関する情報サイト
戸建てリノベーションで快適な住まいを

戸建てリノベーションをすることによって、古くなった住宅でも快適に住めるようになります。 始める前に知っておきたい知識としては、どのようなリノベーションをするのか明確にしておくということが挙げられます。水回りや間取りなど、優先順位を決めて希望を整理しておくことで、快適な住まいにつながります。 施工後のアフターサービスも重要です。どのような保証が何年ついているか、などを必ずチェックした上で会社を決めていきます。

Search